2017-10

スポンサーサイト

このエントリーをはてなブックマークに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

任意のYouTubeファイルを手持ちの字幕ファイルで閲覧する

このエントリーをはてなブックマークに追加
以前のエントリで紹介したGoogle2SRTを使えば動画に埋めこまれている字幕ファイル(.srtファイル)をダウンロード出来ますが、それを元に別の言語に(機械翻訳ではなく)人手で訳したいという記事を書きました
その時は、字幕がちゃんと付与されているかどうかチェックするために、いちいち動画をコピーしてアップロードして字幕ファイルをつけて、動画をチェックする、という作業があったため、煩雑さがありました。
そこで、簡単にチェックできないかなと思って作成しました。

http://fantakeshi.web.fc2.com/youtube_srt_preview/index.html

使い方はこうです。
1. 手持ちの.srt ファイルを解析させる(ここでHTML5のFile APIを使ってます)
2. YouTube URLを指定して、字幕を付与させたい動画プレイヤーを取得します。
3. 動画プレイヤーで動画を再生させれば、動画プレイヤーの下に字幕が同期して出力されます。

手持ちの.srtファイルをロードするのにエンコードの指定があるのですが、YouTubeからダウンロードしたものをそのまま使うのであればUTF-8でほとんど問題ないでしょう。
File APIの恩恵でもありますが、.srtファイルの解析はローカルに行われるためほとんど一瞬で終わります。また.srtファイルをロードした後に出る画面下についているキャプション一覧を示すリストボックスをクリックすると、そのビデオの位置に飛びます。
画面下についているキャプション一覧を示すリストボックスですが、ダブルクリックしても字幕がついている位置に飛ぶような機能はついていないのであしからず。要望があればつけるかも。


例としてすぐ試したいという方はHIDETCHIさんの How To Play Shogi の翻訳したのがいくつかあるので、srtファイルをダウンロードして試してみるのがいいと思います。

これは、ただ翻訳字幕のチェックというだけではなく、どんな動画に対しても自作の字幕がつけられるのでいろいろな応用方法が考えられます。例えば、英語のキャプションに対する対訳を自分で作ってリアルタイムで見比べながら検討するといった活用や、昔あった字幕.inみたいにデタラメ字幕を作って公開するという方法もあります。

このページで一通り字幕のチェックをしたあと、作者の方にメールして、本家に字幕を取り込んでもらうというのが良い使い方ではないかと思います。
本当はCaptionTubeにそれに近い機能があったのですが、.srt からインポートする機能というのがないので自作しました。でもまあ将来的なリリースではそういう機能もつくでしょう。
#とはいってもCaptionTubeは youtu.be のような短縮URLに対応してない時点で開発する気があるのかどうか・・・
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://fantakeshi.blog50.fc2.com/tb.php/22-79a5f745
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

fantakeshi

Author:fantakeshi
Web:ここ
Twitter ID:fantakeshi
自作物やプログラムやまとまった技術的メモについて

RSSに追加

自作物

最新記事

Twitter

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

自作物 (26)
一般 (1)
将棋 (12)
BONANZA (1)
ponanza (1)
HTML5 (2)
Chrome (1)
WebAPI (1)
Webサイト (2)
プログラム (2)
Tips (1)

カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。