2017-08

スポンサーサイト

このエントリーをはてなブックマークに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

囲碁将棋棋士の国際知名度をWikipediaで調べる

このエントリーをはてなブックマークに追加
Twitterで藤井猛先生のファンですって英語で言おうとして、適当な英語のページが見つからなかったので、実際の棋士の国際知名度をWikipeidaで調べてみた。(2011/05/28 現在)



囲碁棋士が圧倒的なんですよね。女流棋士に至っては林葉直子さんしかランクインしていない始末・・・ちなみに林葉直子の英語の記事はしおんの王の原作者としての側面が強く、むしろ棋士としての記述はおまけって感じでした。


囲碁の棋士は中国語が多い印象ですが、将棋の棋士が最近の人ばっかり(大山康晴先生は除く)なのに対して、囲碁は結構昔の人もランクインしているというのが驚きです。国際知名度もそうですが、日本主導で国際棋戦を決めるとかしないと、海外普及は難しいでしょうね。外国勢がそこまで力をつけられる環境にないというのも問題ではありますが・・・そういう意味では最近奨励会に合格した中国人のツァン シン君には頑張って欲しいところです。

ちなみにもうちょっと言うと、将棋棋士に関する記事の日本語の合計容量は30Mなのに対して、囲碁棋士は8.5M程度です。この温度差は一体なんなのでしょうか?

どうぶつしょうぎで初勝利

このエントリーをはてなブックマークに追加
初勝利した時の投了図と棋譜
完全解析によると後手必勝と言われているとうぶつしょうぎで先手で初勝利したのとレアキャラ(だと思っている)ニワトリさんを作れたので、記事に起こしてみる。

ちなみにこのエントリで言いたいことは完全解析されているゲームでも面白さは普遍的だと思うってことです。
#まあ、プロ制度とかになると話は変わってくると思いますが・・・

win.jpg

以下は棋譜


開始日時:2011/05/27
場所:81-Dojo (ver.2011/05/22)
手合割:
先手:fantakeshi
後手:------
手数----指手---------消費時間--
1 7三ひ(74) ( 0:7/)
2 9二ひ(91) ( 0:2/)
3 8二キ(83) ( 0:9/)
4 8二ゾ(71) ( 0:3/)
5 8三ゾ(94) ( 0:5/)
6 9三ひ(92) ( 0:10/)
7 9四キ打 ( 0:51/)
8 8三ひ(93) ( 0:21/)
9 8三ひ(73) ( 0:15/)
10 7二ら(81) ( 0:15/)
11 7三ひ打 ( 0:32/)
12 8一ら(72) ( 0:23/)
13 8二ひ(83) ( 0:26/)
14 8二ら(81) ( 0:5/)
15 8三ひ(73) ( 0:1/)
16 7二ら(82) ( 0:12/)
17 9三キ(94) ( 0:11/)
18 8二キ打 ( 0:28/)
19 7三ひ(83) ( 0:15/)
20 7一ら(72) ( 0:14/)
21 9二キ(93) ( 0:20/)
22 8一ひ打 ( 0:6/)
23 7二ゾ打 ( 0:14/)
24 8三ゾ打 ( 0:16/)
25 8三ゾ(72) ( 0:19/)
26 8三キ(82) ( 0:4/)
27 8三ら(84) ( 0:2/)
28 8二ひ(81) ( 0:16/)
29 9三ら(83) ( 0:15/)
30 8三ゾ打 ( 0:12/)
31 9一キ成(92) ( 0:12/)
32 7四ゾ(83) ( 0:17/)
33 7二ゾ打 ( 0:17/)
34 8三ゾ(74) ( 0:12/)
35 8三ひ(73) ( 0:4/)
36 7二ら(71) ( 0:8/)
37 7三キ打 ( 0:13/)
38 7一ら(72) ( 0:7/)
39 8二ひ(83) ( 0:6/)
40 8四ゾ打 ( 0:14/)
41 8三ら(93) ( 0:4/)
42 7三ゾ(84) ( 0:7/)
43 8一ひ打 ( 0:5/)
44 投了 ( 0:12/)

HIDETCHIさんの将棋動画翻訳プロジェクト

このエントリーをはてなブックマークに追加
やり方はこちらのエントリで。

The 81-Square UniverseでHIDETCHIさんご本人がやられている、という情報を頂きましたので、そっちの方のルールに乗っ取りたいと思います。

HIDETCHIさんの将棋講座に日本語字幕をつける

このエントリーをはてなブックマークに追加
将棋の海外普及に多大な貢献をされているHIDETCHIさんの将棋講座動画を日本語に翻訳する方法です。

現状でも英語やその他の言語のキャプションがついてますが、日本語のキャプションがついていないものがあります。
また、CCボタンから日本語に機械翻訳して見ることも出来ますが、元々チェスの用語を使ってることもありしっくりきません。

というわけで自力で翻訳したいという人向けの方法です。

Google2SRTというソフトを使えば、YouTubeのキャプションを落としてくることが出来ます。

google2srt.png

これで英語のキャプションを落として来て、メモ帳等で編集します。

lesson18_en_ja.png


例えば、Lesson#18を例にした場合です。



これが日本語に翻訳したテスト動画、


これは別に動画をアップロードして、その動画にsrtファイルをつけています。
翻訳に使ったsrtファイルはこちら

既にある字幕を利用することにより文字と音声の同期を取る手間が大幅に省けます。といっても、この翻訳が終わるのに30分~1時間くらいは必要でしたが・・・

ただ問題は先人がキャプションをまったくつけてない場合です。例えば、この横歩取り講座の動画とか


YouTubeには英語に限り音声認識機能で自動的にキャプションをつける機能があるのですが、なんらかのキャプションがついてないとこの機能を利用出来ません。また利用出来たとしてもその結果からsrtファイルをダウンロードできるのかどうかもわかりません。

ただ、キャプションがまったくついてないのに音声認識機能を利用出来る動画も存在します。このあたりの基準はよくわかりません。アップロード者の設定なんでしょうか。例えばこの鷺宮定跡の一番目とか


これはまともにCaptionTubeとか使って頑張るしかないんでしょうかね・・・

オンライン将棋サイトの禁じ手まとめ

このエントリーをはてなブックマークに追加
81Dojoで2回くらい2歩で負けるということをやっちゃったので、各オンライン将棋サイトでの禁じ手の処理について調べてみました。
×は処理側として指せないという意味。○は条件付きで指せるという意味です。連続王手の千日手については調べてません。



これ見ると意外にも2歩の反則負けを採用しているのは81Dojoだけだったんですね。2歩の反則負けは開発者の@HIDETCHIさんの意見によるものだそうです。あと王手放置をされた時点で負けは結構びっくりしますね。自分がなんか見落としたんじゃないかと思ってしまって。

個人的には天下一将棋会やSDIN将棋みたいに予め打てる(指せる)場所が可視化されてるのが好みなんですけど低級者の戯言かもしれません。天下一将棋会を強く意識していると言われているMacの桜花でも、打つ場所の可視化はやめてくれという意見があるくらいなので。

未調査項目で情報持っている方がいたらコメントください。

«  | ホーム |  »

プロフィール

fantakeshi

Author:fantakeshi
Web:ここ
Twitter ID:fantakeshi
自作物やプログラムやまとまった技術的メモについて

RSSに追加

自作物

最新記事

Twitter

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

自作物 (26)
一般 (1)
将棋 (12)
BONANZA (1)
ponanza (1)
HTML5 (2)
Chrome (1)
WebAPI (1)
Webサイト (2)
プログラム (2)
Tips (1)

カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。